妊婦さんと歯周病&女性と歯周病

今月もやってきました!

歯のコラム第12回目です!
歯のコラムが長く続いているのもホームページにおこしくださる皆さんのおかげです.
最近ではYahooやGoogleから検索をして様々な地域の方にも読んでいただけるまでに成長しました。
歯のコラムももうすぐ全国規模!?

さて、今回のテーマは『妊婦さんの歯周病』について……Let’s study!

実は妊婦さんは歯周病にかかりやすいのです

それはつわりが酷いと歯ブラシを入れてもとする、ムカムカする…………
歯磨きも嫌になりますよね。
歯磨きがおろそかになると歯周病の原因”プラーク”をためやすくなります。
厄介なのはこの歯周病の菌!!!
沢山ある菌の中には、妊娠中に出される女性ホルモンを栄養とする細菌がいて、
歯茎に炎症を引き起こし歯周病を発症し、悪化しやすくしてしまいます。
妊娠中は抗生剤を飲むことも抜歯も難しいので、特に気を付けたいものです。
妊婦さんに限らず”女性”は、初潮⇒月経⇒出産⇒閉経と、ホルモンバランスの変化等により、
男性より歯周病になりやすいとも言われているんですよ。
ではでは、具体的にどのようなケアを心がければいいのでしょうか??

何よりも一番大切なのは毎日の歯磨き!

妊娠中は不規則な生活や偏食、つわりが原因でお口の中は汚れやすい状態になっています。
つわりがひどい方はヘッドの小さい歯ブラシ糸ようじ歯間ブラシを使うのもおすすめです。
マウスウォッシュもお口の中がスカッとしていいでしょう!
元気な赤ちゃんを産むためにも、ご自身の健口(けんこう)を保つためにも、
毎日の歯磨きと、定期検診をおすすめします。

さかい歯科クリニックでは妊婦さんにも赤ちゃんにも安心して治療を受けて頂ける環境を整えています。

例えば、妊娠中でもレントゲンが撮れる防護服を準備しています。
Baby Chair、個室、アンパンマンやポケモンのDVD、絵本、おもちゃ、塗り絵、ができる
キッズスペースも設けています。
お子様連れのママやお子様も一緒にぜひお越しください。

スタッフ一同お待ちしております。

関連記事

  1. 予防について Part1 ~歯周内科~

  2. 予防について Part2 ~正しい磨き方と選び方~

  3. 入れ歯のお手入れ

  4. 6歳臼歯の予防

  5. 進化した歯みがき剤が歯を守ります!

  6. 防煙教育で子どもを守ろう

PAGE TOP