さかい歯科クリニックでは、「皆様の歯を守り、健康な生活を確保し、健康寿命をのばすこと」という使命のもと、予防歯科を率先して行っています。

さかい歯科クリニックでは、2~3ヶ月に1度のメインテナンスを強くおすすめしています。
日本人の約80%が歯周病にかかっている(又はその予備軍)と言われる非常に身近な病気です。さかい歯科クリニックでは、歯を失うリスクが高い歯周病の治療・予防に力を入れています。





開院20周年を迎え、20年間予防の為にメインテナンスに通い続けてくださっている、ご健康でご趣味を楽しみ、笑顔が絶えない、28本の歯を維持されている人生の大先輩、89歳の患者さまから「自分の歯で食べられるのがなにより幸せ」と健康長寿のヒケツをお聞きするたび、食べられることの喜びと幸せを感じさせていただいています。

生涯を見据えた口腔健康から、あなたの未来を応援します。




治療型歯科と予防歯科の違い


予防歯科とは、今までの「痛くなったら歯科医院に行き、治療をする」この繰り返しでいずれ歯がなくなってしまう環境から抜け出すために、歯が虫歯や歯周病になる原因に対してアプローチすることです。つまり、虫歯と歯周病を防ぐために細菌のかたまりである「バイオフィルム」の除去を行い、口の中を清潔に保つ為に定期的にメインテナンスを行うことです。
継続的なケアを続けることで良い状態を維持し、「自分の歯は自分で守っていく」という認識のもとで医院と家庭でケアを続けることができます。


従来の治療型医院



「痛くなったら歯科医院に行き、治療をする」流れだと、いずれ歯がなくなってしまいます。


予防歯科 メインテナンスの流れ




口の状態(歯、歯肉、粘膜)を確認。




むし歯や歯周病の原因となるバイオフィルムを除去。




適切なブラッシング指導。




ブラッシングでは落としきれない歯垢を除去。





フッ素塗布などでむし歯の予防効果を高める。

PAGE TOP