予防について Part2 ~正しい磨き方と選び方~

みなさん、こんにちは
さかい歯科クリニックです。
歯のコラムも第9回目となりました。

今回のテーマは 「正しい磨き方」 で、お送りします。
このテーマは11月からの前後編ですので、先月号も読んでくださいね。
※11月号(第8回)はこちらをクリック

前回に続き『予防』のお話として、自分に合った歯の磨き方のコツをお知らせします。

磨く場所はどこ??


①歯と歯の間には歯間ブラシ、フロス、糸ようじ
②ブリッジには歯間ブラシ、スーパーフロス
③矯正中の方や磨き難いところにはP-Cure、硬くて苦手な人にはTodo
 
※さかい歯科クリニックの受付でも取り扱っています 

正しい磨き方って?

①バス法
歯ブラシを歯に対して45度の角度で毛先を歯茎と歯のさかいめに向けて当てる方法。

②スクラビング法
角度は90度!
歯ブラシを真横に当てる気持ちで磨いてください。
内側は45度が磨きやすいです。

ここがポイント!

  • 鏡をみながら毛先を磨くポイントに確実に当てましょう!
  • 力を入れすぎず軽く!
  • 細かく動かしましょう!
  • 1箇所につき10~20回くらい磨いて、歯と歯茎を傷つけることなくプラークを落としましょう!

……とは言っても、奥歯や磨きにくいところ、磨いたつもりでもきちんと磨けているか分りませんよね
その磨き残し~隠れプラーク~がたまれば、虫歯や歯周病は進行してしまいます!!

予防には歯磨きが一番!!!

自己流で磨いていては歯垢(細菌)は落とせません。
おひとりおひとりに合ったブラシを選び、歯の健康を守るお手伝いをします!!
分らないことは当院スタッフまでお気軽に、虫歯や歯周病になる前にご相談下さい。

関連記事

  1. 入れ歯のお手入れ

  2. 6歳臼歯の予防

  3. 進化した歯みがき剤が歯を守ります!

  4. 歯磨用品の選び方

  5. 入れ歯の使い方

  6. 6月4日はムシ歯予防デー

PAGE TOP