6歳臼歯はとっても大切

こんにちは!!
さかい歯科クリニックです
今回のテーマは「6歳臼歯はとっても大切」で、お送りします

6歳臼歯とは??

6歳くらいになると、乳歯列の一番奥から大臼歯が生えてきます。
第1大臼歯のことですが、だいたい6歳くらいに生えてくるのでこのような名が付いています。
永久歯の中で一番大きく、一番噛む力が強い歯です。



大切な理由

上下の噛み合わせの基準となる歯です。
その後生えてくる永久歯は、この歯に添って出てきますので、歯並びの基準となります。



とてもむし歯になりやすい

大切な歯ですが次のような理由で、むし歯になりやすいのです!

  1. 乳歯列の一番奥に生えているので気がつきにくい!
  2. ゆっくり生えてくるので、その間に汚れが付きやすい!
  3. 生えたばかりの時は歯の質がやわらかく、抵抗力が弱い!
  4. 子どものブラッシング技術では磨き残しとなりやすい!
  5. 噛み合わせの面の溝が複雑で汚れが溜まりやすい!


歯みがきができているかチェックしましょう

6歳臼歯が生え終わるまでは、一番注意が必要です。
(上下の臼歯がかみ合うまで1年ぐらいかかることがあります)

虫歯にならずに生え終わるかどうかは、保護者の責任でもあります。ときどき、お子さんのお口の中をチェックしてください。

定期的に歯科医院での健康診断とクリーニングを行ってください。

適切な予防で6歳臼歯を一生の友達にしましょう

関連記事

  1. ホームページをリニューアルしました!

PAGE TOP